Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ヨーロッパ向けの無線・電気通信設備の製造・販売を行うには、R&TTE指令1999/5/ECに従う必要があります。 この指令は、わずかな例外を除き、無線周波数スペクトルを利用するあらゆる設備に適用されます。

R&TTE指令は、電気通信市場の秩序を促進し、製品を市場に投入する過程を改善します。 この指令は国家規格を排して、メーカーに対し、製品が指令の主要な要件を満たしていることを示すよう求めます。 SGSには、お客様が製品のコンプライアンスを示して、適切なCEマークの獲得支援のための専門知識や試験設備があります。

一般的なR&TTE標準:

  • 製品安全: EN 60950-1, EN 60215, EN 60825-1, EN 60529
  • EMC: EN 301 489, EN 301 502, EN 301 908, EN 61000-3-2, EN 61000-3-3
  • ラジオ: EN 300 220/330/440(短距離デバイス)、EN 300 328(2.4GHzのISMバンド)、EN 301 511(GSM移動局)、EN 301 908(UTRA & EUTRA)、EN 301 893(5GHz RLAN)、EN 302 291(13.56MHz SRD)

SGS研究所のグローバルネットワークは、お客様に市場での競争力を獲得していただくために、さまざまな無線通信試験やコンプライアンスサービスを提供しています。

SGSのR&TTE指令試験やコンプライアンスがどのようにしてお客様の利益になるかを知りたい方は、SGSにお問合せください。