Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

性能認定は、太陽電池モジュールや太陽光発電システムの性能や信頼性を市場や投資家に認めさせるのを援助するためにSGSにより設計された、オーダーメイドの緻密な枠組みです。

SGSは、独自の性能認定方式にしたがって、お客様の太陽光発電製品用にカスタマイズされた試験計画を設計して、標準のIEC試験に加えて実施するためにお客様と協力します。 この方式はSGS独自であり、お客様の製品をさまざまな気候・環境ストレスに対して試験し、その品質や性能を示すことができます。

モジュールの性能認定が必要な理由

性能認定の取得は任意ですが、業界の標準的な慣行となりました。 性能認定は製品の性能を測定する方法を提供し、製品が長期間適切に動作することを顧客に示します。 性能認定は投資家の指標となり、モジュールの寿命が終わるまでに投資が利益を生むという確信を与えます。

SGSの性能認定は、以下の手順から構成されます。

  • サンプリング
  • 試験基準の定義および試験カタログの作成
  • 試験手順
  • 合否基準に基づく初期試験(光学・安全・電気性能)
  • 標準の試験要件に基づく性能試験
  • 合否基準に基づく読み取り試験(光学・安全・電気性能)
  • レポートの発行
  • 顧客とのライセンス契約
  • 試験報告書のレビュー
  • 認定/ラベル表示
  • 工場検査(任意)

厳密な試験手順

試験段階は、以下の試験よってモジュールの主要な性能を調べます。

  • 潜在誘導劣化(PID)試験 
  • 塩霧耐性(IEC 61701など)
  • 腐食ガス耐性(NH3など)
  • グリーン試験 - 危険物質の制限(RoHS)
  • 拡張気候シミュレーション(DH 3000h、TC 400など)
  • 拡張負荷(5,400 Pa、動的地震試験、衝撃試験)
  • 燃焼試験(UL、ASTM)
  • 長期屋外曝露(風化)
  • 各試験手順の組合せ、エンジニアリング(IECその他の標準の一部)

SGSのソーラー技術に関するグローバルな知識・専門知識・最新式の施設は、お客様の開発したソーラー製品が世界中の市場で通用することを保証します。 SGSは、試験・認証を提供するだけでなく、太陽光業界全体の価値連鎖に貢献することができます。

SGSのオーダーメイドの性能認定方式が事業にどのように役立つかを知りたい方は、SGSにお問い合わせください。