Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

原油およびフィードストックはこれまで以上に多様になり、その使用はますます革新的になっています。 その結果、サプライチェーン内のステークホルダーによる価値の保護のために QC/QA や損失管理、および契約的、環境的、商業的規制に準拠することがますます重要になっています。 

 

SGS ラボでは、精製、混合、石油化学の各業界に対して原油およびその他のフィードストックに対する包括的なテストを実行します。

 

フィードストックの価値決定

 

フィードストックの価値はケースバイケースで決める必要があります。原油および原料は完成品と異なり「現状のまま」で購入されるからです。 このことは、過去の代表的または一般的なデータから一部のガイドは得られても、フィールドの結びつきや抜け、精製所削減の変化、プラントの積極的使用などに伴い常時変動が起きていることを示します。

真空軽油、LSWR、常圧残油、減圧残油、ナフサ、コンデンセート、循環油などのフィードストックは、トレーダーおよび製油所に大きななチャンスを提供します。 しかし、これらには明瞭に定義された最終製品のリスクをはるかに超える重大なリスクもあります。 SGS は他のどの組織には比肩されない優秀なリスク管理ツールを商社に提供します。

密度、水分、硫黄分等の簡素な試験は周知であり一般的に行われれています。 しかし細菌では微量の水銀、有害な残留金属、硫化水素、その他アンチモニー等の珍しい品種の同定等新たな課題も要求されています。

 

なぜSGS か

 

中立的で独立的分析は石油ガス業界における生産と取引成功の継続のためには不可欠です。 SGSを貴社の分析試験パートナーとして頂ければ、当社の専門家に正確で効率的かつ完全に中立的な方法で分析をお任せいただくことにより貴社は本業に集中できます。

SGSはASTM、 ISO、 CEN、 EI (エネルギー研究所、元石油研究所) とIFIA内の部会を含む技術作業部会や多くの業界団体、規格機構に活発に参加しています。  SGSによる石油・ガス、化学品貨物に関する取引検査指名の実施は、ISO、 CENまたは様々な国家及び地域的規格機構により規定された API MPMS、 ASTM、 UOP、 GOST、 EN または IP 試験方法や仕様等の受容された中核的石油及び石化規格に常に基づいています。

 

契約当事者が、カスタム化した、またはクライアントが指定した分析方法を仕様の一部として指定する場合には、これらを使用します。  必要な場合、所与の取引または一連の取引の範囲内での常識的なリスク管理を可能にするため参照及び/または使用すべき最も適切な規格の選択時にはステークホルダーを支援できます。 当社のテクニカルサポートチームは規格、作業内容及び使用されるテクノロジーに関連する全ての事項に関する支援を提供するためにすぐに連絡をとることができます。

 

SGSによる原油とフィードストック試験サービスについて詳細をお問い合わせください。