Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS は原油貯蔵ターミナル及び/または精製所に関わる商業的及び業務上の状況で遭遇する可能性が高いリスクの査定、軽減、管理を支援できます。 

下流部門の監査者からなる専門家チームは遭遇する可能性が高い リスクレベルの機密確認を詳細に記載した深い分析による信頼性のあるデューディリジェンス監査を提供します。

SGS チームの各メンバーは石油下流部門に豊富な経験と部門全体での優良実践手順に関する包括的知識を持ちます。

当社のデューディリジェンス監査の実施方法論

SGS デューディリジェンス監査チームは世界中で活躍しています。 広範囲にわたる工業機器, 精製工程, 会計システム及び根拠となる履歴データを検査し評価します。 この情報でコンプライアンス, 安全性, 環境, 在庫損失及びプラントの状態に関わるリスク水準の当社による確認・確定が可能になります。
 
監査はリスクに基づき合意された基準に対する個別の顧客要件についてカスタム化されています。 その内容例:

  • 国際規格及びベストプラクティスにもとづくオペレーション
  • 接岸能力と手配、及び既存の制約
  • パイプラインの完全性と清掃
  • タンク ファームの状態、管理とメンテナンス
  • タンクの完全性, タンクのキャリブレーション, 自動計器の信頼性及びスラッジ量の推定
  • 製品の分別管理
  • 貯蔵物の排出
  • 製油所のオンサイトラボ -範囲, 設備メンテナンス及び実績記録, コンプライアンス、 取得認証
  • 廃水処理
  • 火災と安全 システム
  • 環境に関するライセンスとコンプライアンス
  • 現地及び業界の HSE 規制及び実践へのコンプライアンス
  • 石油会計システム
  • 石油処理記録 

なぜSGS か

SGS はデューディリジェンス監査分野で強力な世界的地位を確立しました。幅広い顧客層にはメジャー系石油精製所、商社、貯蔵会社及び銀行が含まれます。

SGS によるデューディリジェンス監査によるリスク管理プロセスの支援内容についてさらにご参照ください。