Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

バルク燃料、フィードストックと石油化学品を路上と鉄道で輸送する際は商品の正確な定量が困難なことがあります。

マイナーな組織的エラーでも反復して発生すると多大な損失や貨物及び保険料追加に直結します。さらに発生時には存在しなかった物理的損失の回復には大量のマンパワー、資源の損失をこうむるのです。 このためサプライチェーンの全てのプレーヤーが数量検定に信頼を置くことが重要です。

輸送用トラックと鉄道貨車、さらにディップスティック、温度計、計量台等の関連設備の較正は、専業の装備と有能なオペレータを必要とします。 SGSの較正担当者は運送業、道路輸送と鉄道業および商社のニーズに対応する様々なサービスを提供しています。
 
当社の専門家はAPI、IP、ISOと国家規格機関により規定されている国際的に通用している様々な方法を用いて道路輸送と鉄道設備の較正を提供できます。 スペアディップスティック、システム間のチャート変換、修理やグレードアップ後の再較正等、較正関連サービスも提供することができます。

なぜSGS か

SGSは全範囲の貯蔵と輸送ソリューションのための較正サービスについて第一人者の信頼を得ています。 

当社の経験豊富で高度な訓練を受けた較正担当者は先端技術を駆使します。 当社の施設の多くはISO17020認証されており、最も高度な国際規格により測定を行っています。 SGSは品質を維持し社内及びサードパーティーによる較正プログラム、社内や独立監査、厳格なトレーニングとコンピテンシーコンプライアンススタンダードへの参加により習熟性を監視します。

SGSは、様々な業界団体、規格機構とASTM、ISO、CEN、EI(エネルギー研究所、旧石油研究所)とIFIA等の内部にある技術作業部会のメンバーとなり活躍しています。

SGSによる道路輸送と鉄道較正サービスの業務支援内容についてさらにご説明します。