Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは様々な法廷用試験サービスを石油と石化業界に提供しています。

クロマトグラフィーと質量分光測定サービスは探索と生産から精製された最終製品とフォーマット化製品に至るまで石油業界では広範に活用していただいています。

顧客には以下を含みます:

  • 石油会社
  • エンジニアリング会社
  • サービス会社
  • 環境と規制当局
  • 化学品製造会社

油田生産

以下の項目等の原油成分の定量を引き受けます。

  • 炭素番号定性分析
  • ナフテン酸と関連するスケール

腐食阻害剤とスケール阻害剤等の生産化学品も原油とその液状製品中で定量できます。 製品組み合わせと選択のほかに、性能監視に役立てることができます。

環境分析

SGSは生産油田、ターミナル業務と油井解体現場の包括的環境調査も引受け、生産された水と排水の分析、パイルの切断及び石油流出分の処理も行います 。 各プロジェクトは合意されたプロジェクトプランに従い策定および実行され、業務の特定内容に対応しています。

下流処理と形成化

当社は下流石油業界の精製プロセス業務や、最終燃料と潤滑技術の確立に貢献しています。

典型的研究には以下のものがあります。

  • 炭化水素留分
  • 基油類: パラフィン系、ナフサ系ポリアルファオレフィン(POA)、ポリオルエステル(POE)、ポリアルキレングリコール(PAG)
  • 燃料と潤滑剤添加物
  • 堆積物: プロセスとエンジン

大気中のや/迷惑な悪臭監視を生産と精製業務でも引き受けます。 試料はガスバッグに収集されるか、または直接的に熱脱離管に収集することが望ましく、熱脱離GC-MSにより分析されます。 この技術は大気中の微量なメルカプタンを識別して定量することを可能にします。

SGSによる法廷用試験サービスについてさらにお問い合わせください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。