Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのドライブ技術センター (DTC) では、燃料の効果的な品質管理をサポートし、国際基準の遵守を確保する幅広い試験サービスを提供します。

新型燃料の運営上の安全性を保証し、距離当たりの性能および排出物を計測するために試験が行われます。 SGSのドライブ技術センターは、標準化されたエンジンおよび試験施設で試験された場合の、燃料の特性およびパラメータを特定する最新の施設を備えています。

燃料性能試験

弊社の燃料性能試験能力には、以下のものが含まれます:

  • 燃料の比較および燃料の開発
  • 義務的 (例:CO2) および非義務的試験を含む排気ガスの放出で、以下のものを含む:
    • クリーン自動車と従来からの自動車向けに別々のサンプルラインを持つ最新の排出物計測システム。例:超低公害車 (ULEV)、極超低公害車 (SULEV)
    • 質量分析法により制限されていない排出ガスの構成物の計測および比較
    • 触媒評価用などのための排出物計測
  • ディーゼル燃料の低温運用性
  • 燃料および車両の起動性能
  • 低温環境における燃料システムの比較
  • 低温部品試験手法 
  • 点火品質試験

なぜSGS か

オーストリアの SGS ドライブ テクノロジー センターは 燃料 と潤滑剤の分析からとエンジン テスト さらにコンポーネントの技術分析をカバーする 運転材料の 試験に特化した最先端施設を持ちます。 当社の品質管理 システムは ISO 9001/2000 認証済みであり、同センターは ISO 17025 認証取得済みです。

当社の顧客は機械工学、 自動車工学、 熱力学、 電子工学 と化学を専門とする科学研究者と技術者の経験豊富なチームにより全ての段階でサポートされます。

SGSが皆様の燃料および潤滑油の品質管理処理をサポートし、皆様が国際基準を遵守する方法に関して弊社にお問い合わせください。

 

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。