Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

今日の極めて競争的な取引環境では石油商品の契約上の制限と物理的制約に対する柔軟なアプローチにより競合他社より優れた能力が提供されます。

SGS は市場で入手できる原材料の最適な使用を可能にするため専門的な石油製品ブレンディングサービスを提供します。 製品の最高 品質を維持でき市場のいかなる変化にも素早くかつ能動的に対応できることを保証します。

ブレンディングの利点

最終製品を生産するために最適な成分の組み合わせを選択することは商社と精製所ともに最も重要な経済的課題です。 ブレンディング は成分を単に混合する以上に複雑なことです。 現代の自動車燃料は15種類もの異なる炭化水素の流れから生産されており、そのそれぞれが最終仕様と全体のコストに影響を与えます。

製品はインラインからマニフォールドシステム、タンク内のバッチ混成、海上船舶への船上混成による 等異なるプロセスによる混成が可能です。 これらのプロセス毎に効率的に機能するために必要とされるここの専門性に伴うその利点と課題があります。

  • ガソリン、留分、ジェット燃料、灯油のインライン混成 は乱流による完全な混合が促進されるメインストリームの中へ各コンポーネントの比率に応じた量が注入されて行われます。 
  • オクタン価増強剤、金属不活性化剤、酸化防止剤、ノック防止剤、ガムや防錆剤、洗剤等を含む点火剤は 混成中及び/またはその後に追加され炭化水素に本来存在しない特定の物性を与えています。
  • 船上ブレンディングはサプライヤーと商社に多くの利点を提供しており、陸上 施設が不要となり必要 仕様に対してカーゴを準備する機会を提供します。 当方の専門家はラボ、ブレンディング、独自開発による 混成専用 ソフトウェアにより最善の結果を得られるように支援できます。

SGS はさらに混成 に関するトレーニングコースを提供しています。

SGS による燃料混成サービス が 石油製品の混成操作に競走上の優位性を提供できる内容についてさらにお問い合わせください。

 

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。