Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

世界は汚染度の低いきれいで高性能を与える燃料へとますます移行しています。 世界中で、法律は燃料特性を変更しており添加剤処理は高まっています。

多くの旧世代精製所は世界の変化し続けるニーズに対応するため近代化が行われ、国際規格に準拠する最終製品とするために添加剤処理をますます必要とします。 パイプライン、鉄道をはじめ河川の艀やタンクローリー等の物流基盤に影響を与えるロジスティック課題に対応するため燃料処理への需要もますます高まりつつあります。
 
SGSLarouteは小規模独立系オイルタンカーからオイルメジャーに及ぶ顧客層をカバーする世界のオイルタンカー向け専門的添加剤処理サービスを提供します。

燃料処理が必要な理由

解決すべき問題は主として処理上の課題や顧客が満足しなければならない契約上の要件によります。

例えば軽油では以下のようなニーズがますます増大しています。

  • 潤滑性
  • 冷却特性の強化CFPP/曇点/流動点

軽油のこのような硫黄成分の削減には燃料の潤滑性制御が必要となります。 精製所の改造も新種の軽油の沸騰範囲が変化するため軽油類の冷却特性を変化させます。

精製工程からより多くの中間蒸留産物が補足されるに伴い燃料油特性も変化しつつあります。 このためより高い流動点を持つ燃料が得られ、これが流動点に関する処理の困難度を高め、水分が多くなるにつれ解乳化が困難になります。

当社の燃料処理方法

最初に重要な手順は処理対象貨物の代表的試料を抜き取り、開始点の評価を行うものです。 次に要求仕様を満たせるかどうか、満たせる場合にはその方法を見出すことができます。

開始点を特定し処理レベルに同意したら、燃料の処理を開始できます。 燃料処理はライン内、タンク内または船舶上で適切に行うことができます。

港湾や船舶での処理を管轄する規則と手順は健康と安全性への準拠が最重要な配慮点となりますます厳格になりつつあります。 燃料処理時にSGSLarouteは主要石油会社、ターミナル、輸送会社の要件に準拠する設備を使用します。

なぜSGSLarouteなのか

添加剤処理サービス業界、旧ソ連、中東、アフリカ、アジア、欧州、北米港湾でのでの実績で、ワールドリーダーです。 当社のサービスは固有です;当社ほど世界をまたにかけ、豊富な在庫を持ち、設備と港湾アクセスに限りない会社は他にはありません。

当社は現在年間4000万MT以上の原油と石油製品を処理しています。 地元市場の要件に適合する添加剤在庫を持ち、36カ国で営業しています。

SGSLarouteの燃料処理サービスが貴社の営業を支援しますので詳細についてご覧ください。