Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSLarouteのサービスは燃料の添加剤処理をカーゴオーナーが取り扱い上の課題を解決して特定契約要件を履行できるようにします。

取り扱い上の課題解決

取り扱い上の課題は原油、燃料油と水素化処理軽油を主として対象にしています。 流動点が最も需要の高い処理です。

  • 流動点処理
    流動点が高い石油製品と原油は周囲温度がオイルのワックス出現温度(WAT)を下がると、輸送方法や納品地での条件により発生するおそれがあるブロックの問題を予防するための慎重な処理が必要です。 考えれる例:
    • パイプラインのブロック確率を削減するためパイプライン会社が流動点制限を課すような山脈をオイルが通過する場合や、
    • オイルがSBMを介して海底パイプライン内へ導入される場合。 この場合導入したオイルの流動点はパラフィンの沈殿とパイプラインのブロックを防止するため、海水温度よりはるかに低くされます。

安全上の配慮

  • H2S除去
    硫化水素(H2S)酸性の原油中に自然に存在するもので、精製工程中には重油にも濃縮されます。 H2Sがこうして濃縮されるとオイルの輸送と取り扱いが極めて危険になります。 H2Sの危険は船舶所有者、港湾当局、オイルターミナルと石油会社から企業レベルで世界の多くの場所で地元の規制下にあります。

契約要件の履行

原油と石油製品は地元の仕様と要件に従い販売されることがよくあります。 こうした地域外で取引される場合、石油は受領者の市場条件に適うように処理される必要が生じることがあります。

政府はオイルが諸条件下でより取扱いやすくなるように季節に応じて異なる仕様条件を課しています。 仕様は場所と季節により異なります。 したがってオイルタンカーは基本品質の軽油類を買い、対応する販売契約に適合するために必要な仕様に混合します。 このプロセスは要求仕様や仕様に適合させるために必要な改質により簡単にすむことも複雑な手間がかかることもあります。

契約仕様に対応して行われる処理は一般的には以下の2つのうちどちらかにより貨物のバリューを増大させます。

  • 添加剤は価値の増大より安価であるため、カーゴの販売性を向上する事による価値の増殖
  • 添加剤への投資は地元市場の仕様に合格するために必要とされます。

SGSLarouteを選ぶとよい利点

添加剤処理サービス業界、旧ソ連、中東、アフリカ、アジア、欧州、北米の輸出入港湾での運転ではワールドリーダーです。 当社のサービスは固有です;当社ほど世界をまたにかけ、豊富な在庫を持ち、設備と港湾アクセスに優位な会社は他にはありません。

当社は現在年間4000万MT以上の原油と石油製品を処理しています。 地元市場の要件に適合する添加剤在庫を持ち、36カ国で営業しています。

SGSLarouteの燃料処理サービスが貴社の営業を支援しますので詳細についてご覧ください。