Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

温室効果ガスの排出を削減し現在の石油製品への依存度を低減する努力により、バイオ燃料の使用を拡大する道が開けました。 SGS はバイオ燃料市場の成長に対応して、バイオ燃料サプライチェーンのすべての段階でテスト実施サービスを提供しています。 このサービスにはバイオマス原料製品のテスト、プロセスの最適化とテスト、および空輸と海上輸送セクター用の専門的製品を含む排出量取引認証が含まれます。

バイオ燃料とは

バイオ燃料は広範囲のバイオマスベースの製品から生成される再生可能なエネルギーの一種です。 現在、次の 2 つの主要な種類があります:バイオエタノールと脂肪酸メチルエステル (FAME)。 バイオエタノールは糖を含有するさまざまな材料から抽出して作ります。 FAME は、スイッチグラスやジャトロファなどさまざまな植物から植物油を抽出し、それをエステル化して作ります。 次にこれを精製して、毒性のない高規格の生物分解性燃料を作ります。

現在、バイオエタノールと FAME の両方をガソリンおよびジーゼル油に混合してバイオ燃料にしています。これは未変更のエンジンに使用できます。 航空業界用の燃料は、バイオマスソースから生成したものの使用が始まったばかりです。

当社のバイオ燃料テストサービス

持続可能な燃料の使用に向けた動きをサポートするために、EU 諸国は Renewable Fuels Directive (再生可能燃料指針) に署名しました。これは石油製品への依存を削減するために、バイオ燃料を含むすべてのタイプの代替エネルギーソースを導入する目標を設定しています。 現在、燃料は品質規格 EN228 および EN590 に準拠する必要があります。これによりバイオエタノールと FAME を従来の燃料に混合できます。

SGS は次のサービスをご提供いたします。

  • ASTM D6751 および EN 14214 に対するバイオ燃料要素の認証
  • EN228 および EN590 に対するガソリンおよびジーゼル油の認証
  • ISO 17025 で公認されたラボ機能
  • バイオマス原料製品の検査/検証
  • 鉱物油内のバイオ燃料要素の定量化と特性化(標準ガソリン内のエタノールについては E5/E10/E15/ E85、ディーゼルについては B5/B10 に従う)
  • 微生物学分析
  • プロセスの最適化と副製品のテスト
  • 製品の品質改善のための添加物混合とプロセスの見直し
  • 流動性向上剤、バイオサイド、および抗酸化物質
  • 排ガスシステムに使用されるアンモニアや化学添加物
  • 物流、流通、およびサプライチェーンの問題に対する技術的サービスとコンサルタントサービス
  • バルク燃料に対する通商検査

なぜ SGS か

SGS は石油およびガス業界にテストサービスを提供するワールドリーダーとして名声を高め、バイオ燃料の分野で技術的な専門知識を築き上げています。 当社は、最先端の研究施設のグローバルネットワークを介して総合的なカスタマイズ可能テストサービスを顧客にご提供し、バイオ燃料サプライチェーンのすべての局面をサポートいたします。

SGS のバイオ燃料テストサービスについて詳しくご説明いたします。