Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

留出油分析、検査、処理サービス。

中間・重質の各留出油は、原油から精製される精製物の大部分を占めています。 これらの留出物の品質と量の管理は精製所、取引業者、流通者にとって重要です。

SGSは幅広い範囲の精製済み中間・重質の各留出物に対して専門的な試験、検査を実施しています。 留出物には最終生成物、中間、混合の各成分が含まれます。

留出物向けに提供されるサービスには、積荷目録検査、仕様試験、混合、添加物処理、管理輸送検査、実験室のトラブルシューティング、品質管理試験などが含まれます。

試験、検査される留出燃料には以下のものが含まれます:

中間留出物:

  • ライトサイクルオイル(LCO)
  • 真空軽油(VGO)
  • ディーゼル燃料
  • ガス油
  • 発電燃料
  • FAME(脂肪酸メチルエステル)を含む、バイオ燃料とバイオマス
  • 合成原油
  • フィッシャー・トロプシュ法によって処理された燃料

重質留出物:

  • 燃料油
  • 潤滑油
  • 残燃料
  • 真空軽油(VGO)
  • バンカー燃料

SGSによって試験、検査される留出燃料の例にはNo.1、No.2、No.4の燃料油が含まれます。

SGSの試験、検査、カーゴトリートメントに関する専門知識は、ASTM 396(燃料油向けの標準仕様)、ISO、IP、その他の留出燃料試験方法と規格に適合した幅広い範囲の留出生成物を網羅しています。

SGSは生成、取引される幅広い範囲の留出燃料の等級を理解しています。 これらの等級の多くには、法的な要求事項、気候、季節、高度に関連した副次的等級があります。

中間・重質の各留出物の試験、検査、処理、関連する専門知識に対する専門的ガイダンスとサービスの詳細については、SGSまでお問い合わせください。