Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS ドライブ テクノロジー センター (DTC) はエンジン性能 試験の最新要件を支援するために広範囲の最先端サービスを提供しています。

自動化テストベンチシステムは 最も困難な試験 と開発作業の 要件に合致するように設計され、顧客ニーズに応える必要性に応じて拡張可能です。

当社の6基のテスト ベンチは以下の項目のための試験機能を発揮します。

  • 最大出力 480 kW
  • 最大トルク 1,800 Nm
  • 最大エンジン回転速度 20,000/分
  • 最新測定 
  • テストベンチと媒体の調整
  • 内燃機関用燃料, ディーゼルとCNG エンジン テスト
  • コールド スタート テスト -20°Cまで

Profi とCAN (Controller Area Network)等の Bus システム と特殊測定設備の統合にも対応しています。

エンジン試験で使用される様々な品質の燃料も提供できます。 エンジンとディーゼル燃料, CEC (Coordinating European Council) テスト燃料 (内燃機関用燃料 とディーゼル), 灯油とバイオ燃料の標準的充填施設品質に加えて、 当社のラボは顧客仕様による特別な混合燃料を数量に関わらず調製できます。

なぜSGS か

オーストリアの SGS ドライブ テクノロジー センターは 燃料 と潤滑剤の分析からとエンジン テスト さらにコンポーネントの技術分析をカバーする 運転材料の 試験に特化した最先端施設を持ちます。 当社の品質管理 システムは ISO 9001/2000 認証済みであり、同センターは ISO 17025 認証取得済みです。

当社の顧客は機械工学、 自動車工学、 熱力学、 電子工学 と化学を専門とする科学研究者と技術者の経験豊富なチームにより全ての段階でサポートされます。

SGS によるエンジン性能 試験が貴社の営業を支援できる内容についてさらにお問い合わせください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。