Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによるローター不釣合検査・ブレードピッチアングル測定 – 風力発電機を最適化して、確実に耐用年数の延ばし、エネルギー生産量を拡大します。

ローター不釣合は、貴社の風力発電機に有害な振動を与える可能性があります。 これによりエネルギー出力の低下に加え、ギアボックス、発電機、メインベアリングなどの部品が損傷し、高額な修理費用が発生する可能性があります。 ローター不釣合検査・ブレードピッチアングル測定の業務により、問題を早期に特定し、高額な修理費用が発生する損害を回避することのお役に立てます。

SGSのローター不釣合検査・ブレードピッチアングル測定を選ぶ理由

サービス内容:

  • 高額な修理費用を伴うような損傷を回避するために、できるだけ早く問題を特定します
  • ローターの不釣合を検出し、風力発電機のブレードピッチアングルの定期的な測定を通じ、修理が必要な箇所を特定します 
  • ローターの能率を上げ、信頼できる風力発電機の運転を確実にします

世界をリードする企業による、信頼の置けるローター不釣合検査およびブレードピッチアングル測定

検査、検証、試験および認証の分野で世界をリードするSGSは、再生可能エネルギープロジェクトにおいて、最先端の機材を用いた、認可を受けたサービスと、比類の無い経験を世界中で提供します。 SGSグループの専門の風力エネルギー技能センターと、独自のグローバルネットワークにより、世界中の洋上風力発電所計画に対して、検査および認証を提供することができます。

SGSが風力発電機向けに提供する、信頼の置けるローター不釣合検査およびブレードピッチアングル測定には、次のような業務が含まれます:

  • ブレードの目視点検
  • ピッチアングルの測定および補正
  • 空気力学上のローター不釣合の除去
  • 不釣合量の検出
  • 修正拮抗おもりの取り付け

定期的なモニタリングおよび予防行動により、信頼できる稼動耐用年数を延ばし、エネルギー出力を最大化できる方法について、今すぐSGSにお問い合わせ下さい。