Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによる風力発電機の振動測定 – 損傷による運転停止および収益減少を回避します。

貴社の風力発電所が最大限の生産性を確実に提供するため、貴社の風力発電所の信頼性を維持することが欠かせません。 振動により駆動系に損傷が発生し、運転中止により想定外の補修費用および収益減につながる可能性があります。 SGSの振動測定業務では、振動を確認し、貴社の風力発電機の効率的な運転を監視することで、エネルギー出力を最適化することのお役に立ちます。 

SGSの風力発電機動測定を選ぶ理由

SGSの振動測定業務では、メインベアリング、ギアボックスおよび発電機にセンサーを設置して振動を測定し、次のような点でお役に立てます:

  • ベアリングおよびギアへの欠陥の可能性を検出します
  • 発電機とギアボックスの間の駆動系の芯だし非直線性を検出します
  • 注意が必要な部品の具体的欠陥と損傷を正確に指摘します
  • 定期停止および低風力の時期に必要な修理業務を計画します
  • 貴社の風力発電所が継続的かつ能率的に運転できることを確実にします。

再生可能エネルギー分野における先進的グローバル企業が提供する、信頼できる振動測定

検査、検証、試験および認証の分野で世界をリードする企業であるSGSは、認定資格を有する専門スタッフのグローバルネットワークを擁し、再生可能エネルギー分野で卓越した経験を貴社に提供いたします。 SGSグループ内の専門の風力エネルギー技能センターと独自のグローバルネットワークにより、世界中の洋上風力発電所計画に対して、SGSは検査および認証サービスを提供することができます。

風力発電機に対するSGSの振動測定には、以下のものが含まれます:

  • 駆動系における振動の測定
  • 測定データを分析します
  • 振動測定の詳細を報告します
  • 問題分野が見つかった場合にはその対応について専門家がアドバイスします

貴社の風力発電所が、継続的かつ効率的な運転を確実に出来るよう、SGSの振動測定サービスについて、今すぐお問い合わせ下さい。