Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの内視鏡検査 – タービンの能力と風力発電所のエネルギー産出量を最大化します。

風力発電プロジェクトに投資する上で最も大きな問題は、収益性に影響をもたらす発電機の利用可能性です。 風力発電機は停止期間や修理期間があるため、エネルギー産出量が低くなるというリスクが常に伴います。 重要なコンポーネントにわずかな欠陥が生じただけでも、発電機の作動が停止します。 風力発電所を効率的に運営し、収益を上げるには信頼性を高めることが重要です。

この問題に取り組むため、当社は内視鏡検査及び員サービス検査を実施し、重要なコンポーネントの欠陥をできるだけ早期に検出します。 内視鏡検査によって、コンポーネントの状態を判定するために損傷した部品を視覚的に検査し、振動測定やオイル分析の結果を検証することができます。

内視鏡検査とは?

高度な非破壊式試験(NDT)である内視鏡検査は、風力発電機の様々なコンポーネントを連続的に検査・モニタリングするサービスで、サービス検査の一部として、発電機の作動ライフタイム全体で行われます。

ビデオ内視鏡検査は、アクセスが制限されている内部を調査できる方法として広く使用されており、周辺構造や機器を分解する必要がありません。 この技術は検査するコンポーネントやアイテムが目的通りに機能することを確実にします。 これによって問題が大きくなる前に、問題を特定することができます。

SGSを選ぶ理由。

当社の内視鏡検査サービスを使用すれば、できるだけ早期に通常状態からの予期しない劣化を検知し、その結果生じる風力発電機へのダメージを防ぎます。 風力発電機のコンポーネントに欠陥や断絶が見られるかを検査し、できるだけ早期に通常状態からの劣化を検知することで、風力発電所の停止または修理によって生じるコストを回避します。

世界中の再生エネルギーセクターにおいて豊富な経験を持つSGSでは、当社のチームが能検証および予防的故障解析を提供します。これにより生産性を最大化し、高額な費用のかかる停止期間を削減し、さらに規制要件への準拠を可能にします。

SGSの内視鏡検査をご利用になれば、貴社の風力発電所は効率的に機能し、収益性を高めることができます。 詳細については地域のSGS事務所へお問い合わせください。