Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

放射性炭素年代測定のような二酸化炭素考古年代測定を利用して二酸化炭素の排出を正確に測定することは、カーボンフットプリントの管理に役立ちます。 環境に対する影響を減らすためのアドバイスをお求めの方は、今すぐSGSのチームにご相談ください。

SGSは、お客様が現在の二酸化炭素の排出を測定するための規制を満たして、独立した分析によって検証するお手伝いをします。 SGSの二酸化炭素考古年代測定分析は、再生可能炭素だけから生成された電気や熱エネルギーの量を定量化することにより、お客様の事業に貢献することができます。 これにより、お客様のカーボンフットプリントを削減し、炭素クレジットを改善することができます。 SGSの分析は、工業的実施を監視して、年間の温室効果ガス排出を報告するための環境管理計画を完成させるために利用できます。

二酸化炭素排出の大部分は、生体炭素(炭素、水素、酸素から成る生体物質の燃焼)に由来します。 この炭素は自然の炭素循環によって生成されたものなので、これはカーボン中立排出になります。 現在の京都議定書やさまざまな温室効果ガス排出プログラムでは、生体炭素およびその副産物を代替燃料として使用することは、温室効果ガス排出の削減として分類できます。

生体由来と化石由来の二酸化炭素を区別することにより、実質的な温室効果ガス排出、および、カーボンフットプリントを相殺するために必要なクレジットを定量化することができます。 自信をもってより報告する排出量を削減できれば、余剰許容量を取引で有利に利用できる可能性があります。

SGSの有能な技術者のチームは、最新の機器を利用して、二酸化炭素の排出や混合燃料の現場試料を採取します。 放射性炭素年代測定の利用は、連続監視が必要な労働集約的で高価で危険な原燃料抜取検査の必要性をなくします。 結果は、放射性炭素年代測定の経験が豊富な公認研究所で分析されます。

今すぐ事業の環境衛生を改善しましょう。 持続可能なビジネスソリューションをお求めの方は、今すぐSGSの専門の環境チームにご相談ください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。