Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

汚染された現場を除染する場合、レメディエーション技術の選択が正しいことを、どのようにして確認できるでしょうか。

実現可能性分析を実施することで、SGSは、貴社のふさわしい正しいソリューションを判断できます。 当社に今すぐお問い合わせください。

貴社現場に見合ったレメディエーション技術を考えるとき、弊社では常に最も適切で費用効果の高い技術を検討します。 正しいソリューションを選択するために、場合によっては、追加試験を実施して、検討した技術の実際的な実現可能性を確認することも必要です。 これらの試験所および現場分析により、貴社の状況に適したレメディエーション技術をより厳密に検査できます。

実現可能性分析のためのこれらの追加試験には次のものなどがあります。

  • 特定の物理化学分析 - 現場パラメータ(電導性、溶解酸素、酸化還元電位)、物理パラメータ(アルカリ度、濁度、懸濁物)、および化学パラメータ(陰イオン、陽イオン、化学的酸素要求量、全有機性炭素)を調査するために弊社移動試験所を使用して現場で、または弊社の認証済み試験所の1つで実施

  • 試験所試験でのレメディエーションのシミュレーション - 試験所で土壌または地下水の代表的サンプルを使用し、栄養素または細菌を加えることで、弊社は汚染物質の反応および提案されるレメディエーション技術の効率を調査できます。

  • 現場パイロット試験 - 提案された技術が十分な結果を示すことを確認します。パイロット試験は、規模を縮小して提案されたソリューションを試験して、現場で実施できます。

  • 自然減衰評価 - 弊社では汚染された環境の物理化学状態が自然減衰につながるかどうかを確認します。 これが該当する場合は、経済的見地から興味深い代替策になります。 弊社は、炭化水素と塩化溶剤を扱うこの分野に、広範囲の経験を有しています。

レメディエーション実現可能性を評価して貴社のニーズに合致させるために、今すぐ弊社の認定済みチームに連絡して、貴社現場にふさわしいソリューションをお尋ねください。