Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

OHSAS 18001安全マネジメントシステム規格に関連した研修、監査、認証ソリューションのSGSポートフォリオによって、貴社の労働安全衛生に対する取り組みを証明頂けます。

2018年3月のISO 45001:2018の発行後、組織にはOHSAS 18001から新規格への移行に3年間の期間が与えられます。 OHSAS 18001認証はこの期間中、移行完了まで有効です。 OHSAS 18001認証はこの期間の経過後、利用できなくなります。

OHSAS 18001は、労働安全衛生マネジメント規格に対して国際的に認められた評価仕様です。 主導的産業、国際規格、認証機関によって開発されたOHSAS 18001は、安全衛生リスクの一貫した特定と管理、事故の可能性の低減、法的適合性の支援、総合的業績の改善を支援するための枠組みを提供します。

SGSは、貴社組織の安全衛生の効率的な管理に役立つ、OHSAS 18001規格に関連した研修、監査、認証ソリューションを提供します。 SGSのソリューションは、労働安全衛生への取り組みと要求事項への適合の証明を可能にします。 経験豊富な専門家から構成される世界的なネットワークは、貴社のシステムが最新の慣行に適合していることを確実にします。

最近のISO 45001:2018規格の発行によって、OHSAS 18001からの全ての移行はあらゆる不適合事項のクローズ及び認証の判断を含み、2021年3月12日までに完了されなければなりません。 この日以降、OHSAS認証は有効ではなくなります。 そのため、2020年3月12日以降に実施される全審査は、移行、初回、再認証の各監査のいずれかとしてISO 45001と照らし合わせて実施される必要があります。

効果的な労働安全衛生マネジメントシステムの導入によって、貴社の事業継続をご支援します。 OHSAS 18001の詳細とISO 45001に容易に移行する方法については、SGSまでお気軽にお問い合わせください。