Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSからの初期Panda土壌試験を使うと、貴社の建設プロジェクトが幸先のよいスタートを切ることができます。 弊社の環境試験チームに今すぐ電話して、大人気のPanda土壌試験が貴社の現場の安定性を測定する方法を学びましょう。

Pandaは光動的サウンディング針入度計で、衝撃エネルギーは変化します。 Panda試験は初期土質試験を提供し、岩石の種類と基盤の圧力を規定し、プロジェクト向けの最適の基盤のアドバイスを提供いたします。

Panda試験は最大5メートルの深さまで機能し、円錐チップが失われた金属棒を地面に打ち込みます。 電子データ装置が情報を全て記録し、オランダ公式に従って円錐(qd)の動的抵抗を計算します。 打ち込みごとに、ハンマーの深さと衝撃速度が自動的に記録されます。 これにより、打ち込みごとの衝撃エネルギーが計算できます。

複数の研究によると、Panda測定は円錐貫入試験(CPT)と同様の正確性および信頼度があるとのことです。 メリットとしては、CPTの車両が適していない場所でもPandaの装置が使用できるという点です。

コンパクトなサイズと軽重量(わずか25キロ)のおかげで、Pandaサウンディング装置は機動性が非常に高く、アクセスしにくい場所あるいは高さ制限のある場所も調査できます。 たとえば、基盤、非常に傾斜がきつい坂、裏庭およびトンネルにも使うことができます。

貴社の土壌種別に適合するソリューションが弊社にはあります。 建設計画向けに堅固な基盤が必要な場合、弊社のチームに今すぐ電話してください。