Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

お客様が提供する土壌および水のサンプルを使用してSGSは、土壌、堆積物、水および大気における石油の放出を評価できる炭化水素フィンガープリント法(環境解析の1つ)を実施します。

最新の評価については、当社の専門家チームにお問い合わせください。

炭化水素は、自然に発生するエネルギー源(石油および天然ガス)として、植物性の素材などのバイオマスで主に検出される有機化合物です。 環境汚染、石油流出、パイプライン漏れ、汚染された工業用地の結果として検出される炭化水素は、炭化水素フィンガープリント法で分析可能です。 この試験では、油汚染または石油汚染のソース、年代および種類を断定します。

弊社では最新の分析機器を使用して、この地質化学的に石油流出を測定します。 弊社の報告書では、次の項目について貴社を支援できます。

  • 汚染源の特定(貴社の敷地または隣接する施設)
  • 汚染の時間枠の追跡(以前の使用されていた工業用地を引き継いだ場合など)
  • 油および石油由来の汚染物質と生物的発生源(植物性の素材など)の汚染物質の識別

技法には、フレームイオン化検出器による高分解能ガスクロマトグラフィーの使用が含まれます。 この方法により、その他の方法では入手できない詳細な情報が提供されます。それらの情報には、経年劣化、風化作用、アルカン分布、バイオマーカー、多環芳香族炭化水素(PAH)分布、未知の汚染化学物質などがあります。

弊社の分析は、汚染に対する責任を明らかにしたり、最適な改善技法を特定したりするために使用できます。

貴社の敷地の分析を開始して、弊社の環境解析チームにお問い合わせください。