Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

御社設備やプロセスが環境へ微量金属を洗脱していないかを明確にする為、SGSは御社の業界に関するリスク領域を特定する微量金属分析をご提供します。 弊社の専門家チームに今すぐお問い合わせください。

例え低水準であっても、金属の痕跡は、産業や化学的プロセスの結果として、環境に含まれることがあります。 水銀合金、パイプライン、金属被覆及びその他成分は、水や土壌への金属洗脱リスクがある。 またこれらは、食物連鎖にも入り込みます-例えば、水銀は甲殻類に蓄積し、人体の健康にも悪影響を及ぼすことがあります。

弊社の微量金属分析金属化学種同定は、御社業界の見込課題領域を見つけ出し、将来的なリスクを最小化する計画設計を促進します。

弊社は、オンサイト又はオフサイトオペレーションでソリューションを提供する経験があります。 弊社は、御社の計画やプロセスに関し、マッピングを遂行します。 最新設備や計装類を活用し、弊社の特殊分析専門家チームは、飲料、川又は廃水、土壌、堆積物又はスラッジ、魚及び甲殻類から環境サンプルをとります。

弊社の微量金属分析と金属化学種同定は、誘導結合プラズマ – 高分解能質量分析計などの最先端技術を活用し、御社の職場に含まれる課題領域を見出します。 弊社の報告書は、どのような形状の微量金属が蓄積しているか、御社プロセスを通じてどのように放出しているか、より良い理解をご提供します。 更に、弊社は金属に新種形状を形成する為、金属汚染の存在を調査し、結果、バイオアベイラビリティや生体毒性影響を評価することが出来ます。

弊社は御社の優先事項に適したレメディエーションや除去法を分析します。 御社のプロセスを効率的で安全に運営する為、弊社の専門家チームへお問合せ下さい。