Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

環境及び自然水に影響を与えない廃水方法については、SGS環境チームまで今すぐお電話でお問合せください。

生物指標サンプリングを用いて自然水(河川、湖沼)及び堆積物中の生物検査を行い、水質及び必要な浄化処理を判断します。

水中の生物的多様性は健全な環境の指標です。 水の供給源が汚染の影響を受ける場合、様々な微生物の存在度は汚染耐性により異なります。 このような計数測定は生物的指標特定の基礎です。 物理化学的分析は汚染が最近始まったことを示しますが、生物的指標は長期的汚染を実証します。

生物データは複雑で分析が困難になる傾向があります。 生物的指標等の手法を用いる事により、当社ではわかりやすい正確なデータで表現することができます。

当社は生物的指標を評価と特定に用います:

  • 無脊椎生物、ミミズ類、珪藻植物及び植物プランクトンの存在
  • 排水の影響 
  • 水中生態系の健全度

当社の環境チームは広範な生物サービスにおいて経験豊富です。 分析結果が生態系の崩壊を示す場合、問題に対処するために生態調査及び一定の範囲のソリューションを提供致します。

当社の認証されたチーム及び国際的に定評あるラボは、水の清浄度及び貴社の工業活動による排水及び排出を最小限度にするための全ての国家及び国際的規制を満たせるように支援致します。

清潔な水の供給及び貴社のビジネス業務を最適化する環境管理プランを確実にするための当社に可能な支援については、今すぐ当社のチームにお電話ください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。