Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS汚染物質の到達と移動研究は、現場の汚染物質の移動経路を判定し、種類ごとに評価し、適切な改善計画を策定することができます。 詳しく知りたい方は、今すぐSGSの専門家チームにお問い合わせください。

金属・塩素系溶剤・炭化水素・殺虫剤などの敷地内の汚染物質は、敷地全体や隣接する集水区域・河川・保護された帯水層などに移動・拡散する可能性があります。 その一部は固体として存在することもありますが、溶解・吸収されて、地下水や土壤への拡散を加速する可能性があります。

汚染の拡散を防ぐ最善の方法は、敷地内に存在するさまざまな汚染物質の移動速度の違いを認識することです。 汚染物質の到達と移動研究は、地下水中の汚染物質の挙動を正確に理解するために役立ちます。

三次元の水文地質学的モデリングを利用して地下水中の汚染物質の挙動をシミュレートすれば、水質汚染の自然減衰パターンを評価することができます。 SGSは、最新のモデリングソフトウェアを利用して、現地の地質学的・水文地質学的背景・雨量・浸透・減衰条件を統合し、地下水動力学を利用して生化学反応モデル化します。

SGSの研究は、お客様固有の状況に適した改善技法や定期的監視計画を提案することを可能にします。 土地の汚染を監視・管理する方法を知りたい方は、今すぐSGSにご相談ください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。