Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

汚染土壌の浄化に最も効果的な方法を見出す為、SGSのレメディエーション研究は有効な選択肢を評価します。

弊社の専門家チームに今すぐお問い合わせください。

工業汚染物による土壌汚染は、人体の健康、ecoシステム及び水資源に危険な兆候をもたらす事があります。 土壌を浄化する為のレメディエーションを実施する事は、環境影響の軽減と御社サイトの価値を高める上で、道理にかなっています。

弊社の認定環境チームは、サイトのレメディエーション研究を実施します。 これは、レメディエーションの最も効果的な種類が、種類と汚染範囲に合わせて選択された事を保証します。 弊社は汚染物質の存在を分析し、可能なソリューションを入手する為、御社の地質学と水文地質学を検査します。

弊社の研究は、最新の法的・規制義務を満たした安全で費用効果的な技法を活用し、厳格な方法に従います。 最終結果は、御社の要件に適合したレメディエーション選択肢と明確に比較した、オーダーメイドの再建プランです。

一部の有効なレメディエーション選択肢は下記を含みます:

  • 現場技法:バイオレメディエーション、自然減衰、(バイオ)排出、(バイオ)散布、透水性反応性バリア、土壌蒸気の抽出と注入
  • オンサイト技法:くみ上げられた水(分離器、除去管制塔、活性炭)、土地の耕作と土地処理に関する、携帯端末による現場処理を含む「ポンプと処理」
  • オフサイト技法:汚染土地の掘削した穴と処理センターでの評価(生物学的、物理学的、熱及び焼却処理による評価など)

レメディエーション作業の追跡用に、この領域の専門請負業者向けに必要な技術と経営情報を統合した仕様をご提供します。 また御社のレメディエーション見積の独立的な助言と比較可能な評価もご提供します。

除染作業の際、弊社は、御社サプライヤーが取り扱いが難しい仕様を満たしているかを保証し、安全性コンプライアンスを監督します。 サイトにおける弊社の存在は、レメディエーションプロセスの一部に必要となるかもしれない発掘地分類と標本分析及び地下水監視の制御が出来る事を意味しています。

是非弊社の専門知識をご活用頂き、御社サイトに適合した再建ソリューションの詳細に関して、お問合せ下さい。