Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの帯水層の特性評価は水質汚染に関連するリスクの効率的な管理を可能にします。

詳細について水文地質学エキスパートまで今すぐお電話ください。

敷地における地下水汚染は複雑な課題を引き起こす可能性があります。 地下水流系統の複雑性は貴社の敷地外に汚染が広がるリスクがあることを意味しています。 帯水層の特定化サービスによりこれらのリスクの管理を支援致します。 当社には初期調査を通して水質拡散の制限及び地下水汚染による影響の管理を支援する能力があります。

水の特性をハイライトしてわかり易く表現するため、当社の地下水実地調査には水流を視覚化するための汲み上げポンピング及びトレース試験及びトレーサーの使用を盛り込むことができます。 水流速度の評価によりどれほど速く汚染物質が区画境界に達し、排水ダクト、河川及び池に到達しうるかを同定します。

帯水層の特性化評価の結果は敷地の概念モデルに統合されます。この際、多孔質滞水層、層状裂か滞水層、カルスト地形地帯、水文地質学的障壁の存在、及びその他多くの要因等の局地的水文地質学が考慮されます。 この研究により貴社の水質状況に合う適切なリスク管理または是正手法を検討することができます。

当社の帯水層の特性化評価と地下水汚染サービスについての詳細は認証を受けた当社のチームに今すぐお電話ください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。