Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

アデノシン三リン酸(ATP)試験は、水その他の物質中の細菌のレベルをチェックします。 ATP分析によってコストのかかる細菌汚染を避けたい方は、今すぐSGSにご相談ください。

水その他の物質中の細菌のレベルを判定するのに役立つ微生物学的試験には、ATPの試験が含まれています。 ATPはあらゆる生細胞の周囲に見られる分子かつエネルギー源なので、ATP試験は、測定用試料中の微生物量のよい指標を提供することができます。

ATP試験は効率的であり、結果はただちに画面上に表示されます。 SGSの研究所では、どこでも最新式の機器を使っています。 この試験では、測定用試料の生物発光を測定する必要があります。 ATPが酵素ルシフェラーゼと反応したときに発生する光は、照度計で測定することができます。 この光量は、測定用試料中の生物の量を示しています。

ATP分析の結果は、組織の要件や規制のチェックを満たすために利用できます。 この結果は、必要に応じて、浄化計画の立案作業に利用できます。 SGSのサービスはすべてお客様の固有の必要性に合わせてカスタマイズされており、お客様のビジネスリスクの管理や業務効率や事業の評判の向上に役立ちます。

細菌汚染は、重大な公害です。 細菌汚染は、製品・飲料水や冷却水、およびプロセスの廃棄物にも影響を与える可能性があります。 先を見越したアプローチや明確な監視計画は、事業のクリーンな運営や競争力につながります。 製品の安全性を確信できれば、市場への素早い投入が可能になります。 ただちにSGSのATP分析チームにご相談ください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。