Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

貴社の業界で、生産工程または職場で水を使用する場合、危険なレジネオラ菌が含まれる危険性があります。

SGSは、レジネオラ菌のサンプル抽出および分析により、汚染の危険性を軽減できます。 レジオネラ菌リスク評価については、弊社の経験豊かなチームに今すぐお問い合わせください。

レジネオラ菌は、非常に危険な水媒介性の細菌の1つです。 レジネオラ症に関与しており、暖かい水で繁殖し、多くの業界で水に含まれる可能性があります。 職場では、一般的な汚染源として、工業冷却水装置、集中空調装置、給湯装置、飲料販売機、水泳プール、温泉、その他の公共水道を使用する場所などが挙げられます。

次のような業務が影響を受けます。

  • ホテルおよびレストラン
  • 商業ビル
  • 工場(冷却塔および空調)
  • 船舶
  • 学校
  • スポーツ会館、水泳プールおよびレジャープール、温泉およびサウナ
  • 歯科業
  • 病院および介護施設

水質の定期検査によって汚染の危険性を軽減できます。 これにより、細菌増殖の可能性を減らし、将来的な汚染を抜本的に低減できます。 弊社の公認されたチームは、毎年1万5000件を超すレジネオラ症のサンプルを検査しており、水質分析に関して経験豊富です。 危険性の疑われるすべての場所を調査し、48時間以内にすぐに結果を出します。

弊社の公認されたラボでは、独立したサンプリングと分析、衛生検査、室内環境管理、および危険性および管理計画を提供します。 弊社は、レジネオラ菌で汚染される可能性のある職場や機器などに関して、職場設計と機器メンテナンスのガイドラインの策定を支援します。 弊社の管理計画は、貴社の安全衛生ガイドラインへの有益な追加事項であり、規制上の要件に適合できます。

弊社に今すぐお問い合わせいただくことにより、職場の安全衛生の重要な面を管理しましょう。