Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS現場監視サービスには、土壌および水における汚染物質の自然減衰の可能性および効率の査定が含まれます。 詳細については弊社まで電話で今すぐお問い合わせください。

土壌および地下水の汚染除去は、試験され実証された複数の技術の利用を意味します。 浄化の最終段階で用いられる技術の一つが、自然減衰です。 この安価かつ自然の技術を使うことで、貴社の敷地およびその周辺の汚染物質の最終除去の成功度合いを査定することができます。

自然減衰は自然に発生するプロセスです。 これは、化学分解によりある種の汚染物質(たとえば炭化水素あるいは溶剤)が自然に変化することを意味します。 現場でこのプロセスを密着監視および試験することにより、浄化の成功におけるこのプロセスの役割を評価することができます。

環境汚染の軽減に確実に寄与するようにするためには、定期的な監視が欠かせません。 弊社による自然減衰のモニタリングサービスにより、汚染物質の減少を確認することができます。

最新の専門ソフトウェアおよびモデル形成技術を使うことで、弊社の専門家は化学的および生物化学的減衰反応も解釈することができます。 減衰条件に寄与する他の要素も統合することにより、汚染物質の行動をシミュレーションすることもできます。

さらなる浄化が必要な場合には、最新のデータをお持ちの上でどこが問題なのかを正確にご指摘いただければ、適切な行動計画を優先化できます。

弊社の熟練したチームに今すぐ電話連絡していただければ、現場での自然減衰の監視について詳細をお伝えいたします。