Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ISO/IEC 27017:2015 クラウドセキュリティ認証サービス – クラウドサービスにおける情報セキュリティに対する貴社のコミットメントが実証できます

ISO/IEC 27017:2015は、クラウドサービスを提供もしくは利用する組織を対象とした、クラウドサービス固有の情報セキュリティ管理策および実施の手引きについてのガイドライン規格です。 ISO/IEC 27001とISO/IEC 27017に適合したマネジメントシステムを構築し、運用することによって、クラウドサービスにも対応した情報セキュリティ管理を強化することができます。 また、クラウドサービスに特化したセキュリティ管理をプラスすることで、クラウドサービスに対する安心、安全をより明確にアピールすることができます。

SGSジャパンでは、ISO/IEC 27001とISO/IEC 27017の審査を同時に行う複合審査や、すでにISO/IEC 27001の認証を受けられている組織に対しては、臨時の追加拡大審査を実施することも可能です(ISO/IEC 27001の認証が必須となり、ISO/IEC 27017のみの審査は提供しておりません)。

ISO/IEC 27017 認証取得のメリット

ISO/IEC27017認証取得により、次のようなメリットが期待できます。

  • 適用範囲内の全般的な情報セキュリティに加え、貴社が利用、または提供するクラウドサービスにおける情報セキュリティに対する貴社のコミットメントが実証できる。
  • 情報に対するセキュリティリスク(漏えい・改ざん、不正利用・盗聴、破壊 等)が低減される。
  • サービスに対する可用性リスク(サービス停止 等)が低減される。
  • 顧客からの信頼を獲得することができる。
  • 法令の遵法性が向上する。
  • 競争力が高まる。
  • ビジネスの機会が期待できる。
  • 企業ブランドイメージが向上する。

ISO/IEC 27017認証の詳細については、お気軽にお問い合わせください。