Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの科学者は、貴社に代わってCACO2および皮膚浸透性モデルなどの、試験管内アッセイの開発を実行できます。 弊社では、自社の試験所でフローサイトメトリー試験を実施できます。

弊社のスタッフは、顧客アッセイの実施および新たなアッセイ開発の両方で、高度な経験を積んでいます。弊社のスタッフは、顧客アッセイの実施および新たなアッセイの開発の両方で、高度な経験を積んでいます。 弊社のフランスおよびベルギーにある試験所はどちらもGLP認証を受けており、地域官庁の定期監査により、弊社試験所が首尾一貫してGLP準拠で最高水準を獲得していることが証明されています。 これらの施設では、弊社は年間で約100の臨床前研究に生物分析サポートを提供しています。

弊社の試験管内アッセイサービスおよび細胞ベースの生物アッセイサービスには次のものがあります。

  • モデルには次のものが含まれます。
    • 単層: 一次線維芽細胞またはケラチン合成細胞培養基のカスタマイズされたソーシング
    • ヒトおよび動物細胞系(L929、Vero、IMR-90、MRC-5、CHO、HL-60、など)
    • 3D皮膚モデル(表皮 - 厚さ全体)
    • 3Dヒト角膜上皮
    • 3Dヒト肺上皮モデル
    • CACO-2(ヒト小腸モデル)
    • 隔離ヒト血液細胞(PBMC、リンパ球、単核細胞など)

  • 調査の種類
    • 試験管内のような障壁および代謝機能
    • 経皮吸収および代謝、皮膚刺激、増感、腐食性試験、光毒性、傷治癒
    • 化学品の眼球刺激性の予測(試験管内トレーズテストの代わり)
    • 腸管吸収および代謝
    • 医療機器細胞毒性
    • 医薬品物質の浸透性
    • APIまたは添加剤の毒性
    • API受容体結合アッセイ
    • 傷治癒
    • 採用培養基の生理学的効果 
    • バイオマーカー合成および解放
    • 抗体を中和するためのバイオアッセイ
    • サイトカイン生産
    • ファゴサイトーシス/オプソニン作用
    • 細胞間酵素活動の研究(COX、MPOなど)
    • 信号形質導入研究(STAT-1、p38 MAPK、P44、AKT/PKBなど)
    • 免疫細胞活動および毒性研究の種類:
      • バイオマーカー(細胞受容体活動および信号伝達)
      • 好中球/マクロファージのファゴサイトーシス
      • オプソニン作用
      • 光毒性
    • フローサイトメトリー: BD FACSCanto II (免疫形質特定/抗毒素調査)
    • ワクチンの免疫原性
    • 細胞媒介免疫性
このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。