Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

25年を超える経験により、SGSの生命科学向けサービスでは、ADME臨床研究と放射性標識体による全分析を提供します。

SGSは、下記に示す総合的な能力をもちあわせており代謝産物プロファイリングおよび物質収支研究を行う上において理想的なパートナーです。

  • ベルギーにあるSGSのフェーズI部門との協力で実施される分析と臨床試験
  • 年間に6~8人の治験者で実施される試験
  • 高度なLC-MS/MSとその他の技術(QTrap、QTof、TopCount)によるヒト代謝研究
  • 液体シンチレーション計測および放射性炭素判定における試料燃焼(物質収支研究)
  • タンパク結合の判定
  • オンライン放射線検出器によるHPLCおよび代謝産物プロファイリングに対するMS
  • LC-MS/MSによる非標識薬の分析

マイクロドーシング

SGSは、臨床部門でマイクロドーシング研究を行っており、これらの臨床研究において生体試料の放射線量を測る必要がある要求精度の高い分析(加速質量分析)が可能な厳選されたパートナーと分析分野で協力しています。