Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

25年を超える経験と、GLP適合の3試験所の運用により、SGSの生命科学サービスでは、専任の専門家チームによる薬物動態分析および生化学分析的サービスを提供します。

あらゆる規模の医薬品企業およびバイオテクノロジー企業がSGSを生化学分析の適切なパートナーとして選択しています。 SGSは、検査を最初から開発すること(免疫学的検定を含む)、前臨床から臨床試験までの大規模なルーチン試料分析をサポートすることの両方において専門知識を持っています。

さまざまなクラスの混合物(ペプチドを含む)の生化学分析を支援するために、SGSは幅広い技術と手法を提供して、迅速で高容量の生化学分析を実施します。 ハイスループット技術(TurboFlow抽出技術、Multiprobeロボット)に焦点を合わせて方法を開発しております。

SGSでは、非常に短いリードタイムで使用できる700種類以上の検証済みの分析方法をご用意しております。 検証基準は、FDA(2001年5月)およびCrystal City Conference(2006年5月)によるガイドラインに従っています。 検証はすべて個々のプログラム要件に合わせて調整いたします。

乾燥血液スポット分析

乾燥血液スポット(DBS)技術には、トキシコキネティクス(TK)分析および薬物動態(PK)分析において、次に示すいくつかの利点があります。血液試料採取の削減、最終後処理がないこと、バイオハザード低リスク、試料輸送および貯蔵に必要な施設の削減。 さらに、試料分析も簡易化できます。

初期から最終フェーズ臨床試験および市場投入後

さまざまなクラスの混合物の生化学分析を支援するために、幅広い技術と手法を提供できます。 また、非常に優れた試料処理および分析能力は、科学的専門知識と組み合わせることにより、迅速で高容量の生化学分析を提供可能にします。

  • 質量分光分析
    • 29 LC-MS/MS、5 GC-MS
  • 免疫解析
    • シングルプレックスカスタム免疫測定法の開発 
      • EIA
      • 放射免疫測定(RIA)
      • 生物標識アッセイ開発および検証
    • マルチプレックスカスタム免疫測定法
      • 21 CFR Part 11ルールに基づいて完全に検証された、BD Bead Array、およびBD FACSDIVAソフトウェアによって決定される96ウェルまたは384ウェルのマイクロタイタープレート容量に対するBD FACSCanto II + High Throughput Samplerによる定量化
      • 生物標識アッセイ開発および検証
  • 従来のHPLC
    • 紫外線検出器、蛍光検出器、電気化学的検出器を搭載した6 HPLCシステム
  • ロボット工学(multiprobe)または乱流技術(凝集性)を使用した自動化試料調製
  • 大容量の試料保管と優れた試料追跡(40万件の試料保管と同等のバックアップ)
  • 年間に20万を超える試料のスループット
  • Watson LIMSによる試料取扱いと追跡