Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

宿主細胞のタンパク質は、遺伝子組み換え技術により生物薬剤において何よりも多くタンパク質を有しており、このため最終製品に含まれるタンパク質を最低限に抑えるために、タンパク質回収処理が必要となります。 免疫原性を持っている場合があり、医薬品の効果および患者の安全性に対してリスクを与える可能性があります。 宿主細胞のDNAレベルも汚染物質となり、世界保健機構、EUおよびFDA(米国食品医薬品局)といった規制当局は、製品において安全と考えられる限度値を定めています。

SGSの宿主細胞の免疫試験は、御社製品における品質と安全性の保証のために欠かせないサービスです。 世界でも最も設備が整ったラボの一つで専門家によって実施される試験により、宿主細胞の免疫が受容可能なレベルに収まるのかどうかを示すことにより、安全性を示すお手伝いをいたします。

SGSは宿主細胞の免疫性を検出する上で十分に感度の高い試験手法を提供し、恩赦の発現細胞株の特定の宿主細胞タンパク質アッセイを開発する能力を擁しています。 弊社の試験には以下のものが含まれます:

  • 宿主細胞のタンパク質アッセイ––ELISA, ILA (免疫リガンドアッセイ)、SDS-PAGEおよび免疫吸い取り法
  • 宿主細胞DNAアッセイ––量的PCRおよびドットブロット交配
  • 「ヌル細胞」に対する抗体の生産––免疫付与

SGSは検査、確認、試験および認証の分野で世界をリードする企業であり、弊社の試験サービスは、業界内で常に最善のものであり続けるよう絶えず改善しております。 宿主細胞の免疫試験活動を外注することにより御社は、ライフサイエンスの分野の主要業者とすでに提携関係を結んでいる、実証された契約研究組織に対して信頼を置くことになります。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。