Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによる分子量分析 – 分子サイズの評価に役立つ強力な技術

小有機分子から完全なグリコプロテインまで、すべての化合物のクラスにとって、完全な分子量がその同一性を調べるための主要な特性になります。弊社の分子量分析技術には質量分光分析(MS)が含まれており、最小量(しばしばピコモル以下)のサンプル消費で、広範囲の分子量に対して制度の高い測定を提供します。さらに、理論上の質量と測定された質量の間にある違いは、潜在的に修正の必要があることを示唆している可能性があります。

SGSの分子量分析の利点

サービス内容:

  • 小さいタンパク質から完全なタンパク質や糖タンパク質まで、広範囲の分子に対して分子量測定値を取得
  • 正確な質量測定(しばしば少数点第4位または第5位まで)を取得して、化合物の元素組成の明確化を支援
  • 新しいマーケティングアプリケーションの生物医薬品の特性化と確認に関する、日米EU医薬品規制調和国際会議(ICH)Q6Bの要件を満たしています。

大手プロバイダーによる信頼された分子量分析

世界を代表する分子量分析のプロバイダーとして、弊社は経験、技術、そして規制に関する専門性を使って、お客様が必要とされるユニークなグローバルネットワークを提供します。

弊社の質量分光分析測定器には広範な種類があるため、以下のような化合物に対して最も適切なイオン化技術を選択できます。

  • マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分光分析(MALDI-MS)
  • 高速原子衝撃質量分光分析(FAB-MS)
  • 電気スプレイイオン化質量分光分析(ES-MS)
  • 複雑な混合物に対する質量分光分析の検出による液体クロマトグラフィー(LC-MS)。

さらに、サイズ排除クロマトグラフィーとドデシル硫酸ナトリウムポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS-PAGE)もまた分子サイズを評価するための代替技術として利用可能です。

弊社の分子量分析について詳細ご説明しますのでご連絡ください。