Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによるプロテオミクスサービス – プロテオミクス分析によりタンパク質レベルで有効な遺伝子発現を取得。

プロテオミクスはタンパク質レベルにおける遺伝子発現を調べるものです。遺伝子発現は、そしてそれゆえに細胞タンパク質の成分は、治療計画および/もしくはストレスの状態に応じて量的かつ質的に異なってきます。弊社は、タンパク質レベルで遺伝子発現を調査するために有効なプロテオミクス分析を提供します。

SGSのプロテオミクス分析の利点

弊社のプロテオミクス分析サービスにより、以下のことが可能になります:

  • タンパク質、およびリン酸化、変異、またはグリコシル化などのタンパク質修飾を識別
  • 混合物に存在する低いレベルのペプチドを検出
  • 組み換えタンパク質に不純物プロファイル分析を行い、ホスト細胞タンパク質などの小さいレベルの不純タンパク質の存在を検出
  • 新しいマーケティングアプリケーションの生物医薬品の特性化と確認に関する、日米EU医薬品規制調和国際会議(ICH)Q6Bの要件を満たしています。

大手プロバイダーによる信頼されたプロテオミクス分析

世界を代表するプロテオミクス分析のプロバイダーとして、弊社は経験、技術、そして規制に関する専門性を使って、お客様が必要とされるユニークなグローバルネットワークを提供します。

弊社のプロテオミクスサービス戦略は以下を含んでいます。

  • タンパク質成分を分離して可視化するための、ドデシル硫酸ナトリウムポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS-PAGE)
  • タンパク質成分を分離して可視化するための、逆相液体クロマトグラフィー(RP-HPLC)
  • タンパク質の消化から生産された配列ペプチドに対する、タンデム質量分光分析による電気スプレイイオン化(ES-MS/MS)
  • タンパク質の消化から生産された配列ペプチドに対する、タンデム質量分光分析によるナノ液体クロマトグラフィー(LC-MS/MS)
  • サンプル中のタンパク質を識別するためのタンパク質配列データベースの調査

また、弊社のサービス戦略には、その他のアプリケーションもあります。例えば、ES-MS/MS配列とデータベース調査は、混合物に存在する低レベルのペプチドを検出できます。その結果、組み換えタンパク質に対する不純物プロファイル分析の一環としてこの技術を使い、ホスト細胞タンパク質などの小さいレベルの不純タンパク質の存在を検出できます。

プロテオミクスサービスについての詳細は、今すぐ弊社までお問い合わせください。