Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

オイルと油脂は化粧品の主要な原料であるため、化粧品の製造者は長期間の安全性と安定性に関して深く理解することが重要です。

SGSのオイルおよび油脂分析では、製品開発の初期段階に通知するための試験、または生産全体および生産後を通して品質を維持するための試験を実施します。

国際的な研究所ネットワークにより世界規模で展開していますが、地域の薬局方(EP、USP、およびJP)で設定された規格、または、希望される場合、顧客独自の規格に従って試料に対する試験を実施できます。  

包括的な油脂分析、または試料の下記の項目に対する単体分析を提供します。 

  • 臭気
  • 粘性
  • 乾燥抽出物
  • 密度
  • 水分含量 
  • 酸価 
  • 過酸化物価
  • 鹸化価
  • 不けん化物
  • ステロール比
  • 脂肪酸組成
  • イソプロパノール溶解度

長期にわたり油脂分析プログラムを策定管理するための契約、または作業量が多い期間中の契約のいずれにおいてもすべてのクライアントに提供するサービス基準は完全性と品質を伴っていることを保証します。

弊社のコンサルタントにお問い合わせいただき、あらゆる規模の事業に対しても実験室試験を実施してきた30年を超える経験からどのような利益を得られるかご相談ください。