Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

自動車版機能安全規格ISO26262が策定されてから1年半経過し、ISO26262準拠の必要性や対応方法が課題となってきております。
今回のセミナーでは、SGSジャパンのISO26262適用支援サービスに基づいた、ISO26262に対する最新の業界動向、及び、ISO26262に準拠した開発を実施する際に直面する技術的な課題などについて分りやすく解説します。
ISO26262に準拠した開発を実施中の企業様、検討中の企業様は是非お気軽にご参加ください。
また、当日は、ISO26262規格対応について個別相談会も対応いたしますので、ご要望の方は申し込み時にご連絡をお願いいたします。

日時:
5/22(水):10:00~12:00、15:00~17:00
5/23(木):10:00~12:00、15:00~17:00
5/24(金):10:00~12:00(満席)、15:00~17:00(満席)
※複数回開催しますが、セミナーの内容は同じものになります。
※個別相談会は、13:00~15:00、17:00~にて行います。

場所:
横浜ランドマークタワー38F SGSジャパン 第2研修室

定員/受講料:
20名/無料

※各回の受付は申し込み順で定員になり次第、締切りとさせて頂きますので、お早めにお申込みをお願いします。
※各社5名様までの参加とさせて頂きますので、場合により参加頂けない場合もございますが、ご了承お願いいたします。

お申し込みは下記のリンクよりお願いいたします。
『機能安全規格(ISO26262)実用セミナー』開催(5月22日~5月24日)

アジェンダ(予定)
==================================
1. ISO26262業界動向
2. 独立性と非干渉
3. AllocationとAssignment
4. DecompositionとCo-existence
5. Automotive SPICEとISO26262
6. 認証と認定
7. 規格のスコープ(例:Fire, Smoke)
8. モデルベース開発とISO26262
9. 質疑応答
==================================

講師:
SGSジャパン株式会社 機能安全グループ テクニカルディレクター 山下修平
自動車メーカーにてエンジン制御システム開発、関連部品開発、車載電子部品の品質信頼性評価業務、ソフトウエア開発プロセス・ツール開発などに従事。2005年ISO/TC22/SC3/WG16発足と同時に国際規格ISO26262策定メンバーとして活動に参加、並行して日本自動車技術会電子電装部会機能安全分科会長に就任し2012年末の退任まで国内の規格審議活動を主導した。

SGSジャパン株式会社 機能安全グループ テクニカルチームリーダー
機械系メーカーにて、電動パワーステアリングの開発に従事し、2008年からISO26262に対応した、安全機能開発、開発プロセス整備を開始し、FMEA/FMEDAを使用したSafety analysis、Metrics演算手法や、Safety conceptを構築。

SGSジャパン株式会社 機能安全グループ ソフトウェアチーム チームリーダー
システム/ソフト開発経験をベースに、2003年から自動車業界向けに、プロセス改善、アーキテクチャ改善、モデル/形式手法適用、Automotive SPICE適用などのコンサルに従事し、2009年からISO26262適用コンサルに従事。

問合せ先:
SGSジャパン株式会社
コンシューマー・テスティングサービス部
機能安全グループ 佐々木
Tel: 045-670-7227
Fax: 045-331-7644
Eメール: yusuke.sasaki@sgs.com
Website: http://www.sgsgroup.jp/ja-JP/Local/Japan/US4US/Functional-Safety-Training-Consulting-Assessment-and-Certification.aspx

ご質問や不明な点などがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。