Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

台湾では輸入茶葉の残留農薬を厳しくチェックしています。許容量の上限を超える残留農薬が検出された場合は、積戻しまたは廃棄処分となります。そのような 事態を避けるには、日本から出荷する前にあらかじめ残留農薬の検査を行い、許容量の上限を超えていないことを確認してから出荷するのが安全です。

弊社では、グループ内の台湾ラボで台湾基準に対応したお茶残留農薬検査サービスを提供しております。弊社サービスの特徴として、台湾政府が実施している輸入モニタリング検査項目を全てカバーしております。