Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

このたびSGSジャパンではISO 26262 に関する規格概要と規格で求められているトレーサビリティの管理ツールと、成果物事例を使用してご紹介するセミナーを開催いたします。

最近SGSジャパンの担当者が企業様よりよく頂く質問があります。
それは・・・・

「成果物は、どういう風につくるといいのか 事例が欲しい・・・」
「ISO 26262 のトレーサビリティってどこまで構築するの? 」
「管理ツールって必須?」

そこで、この質問に応えるべく『緊急開催』を決定致しました。
他社様ではなかなかない、成果物事例や実行可能性にターゲットを置いた実践的なセミナーとなっております。

セミナーのポイント
「ツールありきで、目的と手段が逆転していませんか」
「ツールへのINPUTが目的となり、OUTPUTの活用が後手になっていませんか」
「あるべき姿にとらわれすぎて、実務上、実行不能な管理ルールになっていませんか」

機能安全に携わる一般技術者様だけではなく、ツール運用ルールを構築するご担当者様も必見です。


◆◇ 開催要項 ◇◆
【日時】    2015年12月22日(火)
【定員】     15名
【場所】    横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ SGSジャパン
                 (http://www.officenomura.jp/ybp/access/)
【講習費】  25,000円(税抜)

① お申し込み用紙のダウンロードはこちらからご参照ください。⇒申し込み用紙のダウンロード


問合せ先:
SGSジャパン株式会社
コンシューマー・テスティングサービス部
機能安全グループ 佐藤
TEL:045-393-5200
FAX: 045-331-7644
Eメール: jp.fs@sgs.com
Website: http://www.sgsgroup.jp/ja-JP/Local/Japan/Solutions/Functional-Safety-Training-Consulting-Assessment-and-Certification.aspx

ご質問や不明な点などがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

SGSは、検査・検品、規格認証、及び審査登録サービスを提供する世界最大規模の機関です。1,650ヶ所以上のオフィスとラボ、80,000人以上のスタッフを擁するグローバルなネットワークを生かした業務を展開し、高品質と高い信頼性のためのグローバルベンチマークとして世界中のお客様から評価を得ています。