Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

2016年6月、ISOにより、エネルギーマネジメントシステム(EnMS)であるISO50001が改訂されることが発表されました。

2016年8月2日にISO50001の最新原案である委員会原案第2版(CD2)が発行され、ISO専門委員会ISO/TC 242によって回付されました。
2016年10月26日までにコメントが取りまとめられます。

ISO50001は、組織のエネルギーパフォーマンスの改善およびエネルギーコストの削減を支援すべく制定されました。
この規格は、エネルギーパフォーマンス、エネルギー効率、使用および消費の継続的改善を達成するための体系的なアプローチを採用しています。
ISOによると、ISO50001規格を導入した組織は、ほぼ低コストもしくはコストをかけない運用の変更により10%以上のエネルギー改善となり、コスト削減となりました。

現時点では、ISO50001の改訂版は2018年末~2019年初頭に発行される予定です。
改訂版は、ISO9001:2015やISO14001:2015に含まれている付属書SLに規定された上位構造や共通テキストを取り入れています。
ISO50001は、5年前に発行されて以来、重要性を増しており、2014年末時点で、およそ7,000組織がISO50001の認証を取得しています。
ISO50001の改訂情報については、適宜ご案内申し上げます。

【ISO50001とは】
ISO50001とは、エネルギーマネジメントのための国際規格です。
組織がエネルギーパフォーマンスを継続的に改善するために、系統的な取り組みを可能にするエネルギーマネジメントシステム(EnMS)を確立、実施、維持、改善するための要求事項を規定しています。
この規格は、エネルギー供給、使用および消費の管理に役立つ枠組みを提供しています。

本件に関するお問合せ先:

SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス マーケティング/BD部

横浜市保土ヶ谷区神戸町134
横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ3階
電話:045-393-5100 ファックス:045-330-5011
Eメール:jpsgs-marketing@sgs.com
Web:www.sgsgroup.jp


SGS は、検査、検証、試験及び認証のリーディングカンパニーです。 85,000 名、 1,800 以上のオフィス及びラボを擁するグローバルネットワークを活かした業務を展開し、品質及び高潔性のベンチマークとして高い評価を受けております。