Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSジャパンは、ハイアット リージェンシー 東京様(東京都新宿区)に対して、ISO22000およびISO/TS22002-2の認証を行いました。
認証範囲は、以下のとおりです。

【登録組織名】HYATT REGENCY TOKYO
【対象範囲】Cooking and service at restaurants, banquet, bar, lounge, room service and pastry shop, in hotel
【認証登録日】2016年9月18日


ハイアット リージェンシー 東京 総支配人 高沢 朝美 様のコメント

HACCPへの取り組みは2004年に遡ります。
国内のホテルとして初めてのHACCP認証としてSGS-HACCP認証を取得し、10年以上にわたってHACCPに取り組んでまいりました。
この度、ISO22000認証に切り替えるにあたっては、2つの目的がありました。
ひとつは自主管理体制をより強化すること、2つ目は東京オリンピック・パラリンピックに向けてHACCPの義務化の流れが加速するなかで国際認証に切り替えることでした。
2016年3月からISO22000認証取得への準備を始め、コンサルタントを入れず、これまでHACCPに取り組んできた食品安全チームが中心となって8月までの6ヶ月で認証を取得することができました。
HACCPに10年間取り組んできたことで私たちが学んだことの一つが、自分たちの目でリスクの芽を早めに摘み取り、仕組みを改善していくためには外部機関への依存度を減らし、自主管理体制を強化することでした。
さらに個人に頼るのではなく、仕組みで管理するためにISO22000を選択いたしました。
ISO22000認証を取得できたことにより、さらに食品安全の管理体制を確固たるものとし、そこで日々汗を流すスタッフが高いモチベーションを持って取り組んでいけるものと信じております。


*「ISO22000」とは
「ISO22000」は、効果的な食品安全マネジメントシステムを実証するための規格として、食品や食品原料製造業だけでなく、一次生産者や流通・卸売・小売業などフードサプライチェーンに関わるすべての組織で認証可能です。
ISO22000認証取得のメリットとしては、以下のようなメリットがあげられます。
■国内外を含むサプライチェーン全体を通じたシステムの統一化
■Codex-HACCPへの適合(危害分析、重要管理点の識別・監視など)
■ISO9001と整合したシステムの構築
■プロセスコントロールの実現
■企業イメージと信頼性の向上

*「ISO/TS22002-2」とは
「ISO/TS22002-2」は、ケイタリング向けの技術仕様書で、ISO22000における7.2項を補完し、PRP(前提条件プログラム)の要求事項を明確にするために開発され、より食品安全を強化するために設計されました。


SGSグループは、グローバルレベルでISO22000やFSSC22000などの食品関連認証審査を行うことができ、国内外で多くの認証実績を保有しています。

本件に関するお問い合わせは、マーケティング/BD部まで、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先: マーケティング/BD部
住所: 横浜市保土ヶ谷区神戸町134横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ 3階
電話: 045-393-5100
ファックス: 045-330-5011
Eメール: jpsgs-marketing@sgs.com
Web: www.sgsgroup.jp

SGSは、検査・検品、規格認証、及び審査登録サービスを提供する世界最大規模の機関です。1,800ヶ所以上のオフィスとラボ、85,000人以上のスタッフを擁するグローバルなネットワークを生かした業務を展開し、高品質と高い信頼性のためのグローバルベンチマークとして世界中のお客様から評価を得ています。