Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ISO45001の国際規格原案(DIS) は、2016年5月に否決されました。
約3,000件のコメントが寄せられ、2016年6月にトロントで開催されたISO/PC283プロジェクト委員会で話し合われました。

ISO45001規格の発行に向け、国際規格原案の第2版(DIS2)を発行することが合意され、寄せられたコメントのレビューを実施するため、TG8会合が9月に開催されました。
また、全体会議が10月30日から11月4日までリトアニアで開催され、TG8会合の作業結果がレビューされました。
直近のプロジェクト委員会の会合では、DIS2のテキストの箇条4~10の大部分は合意しました。
今後、寄せられたコメントのレビューのため、プロジェクト委員会が2017年2月にウィーンで開催される予定です。
さらに、プロジェクトの期間が3年から4年に延長され、ISO事務局も4年間の開発期限を超える場合には、9か月の延長が適用されることが確認されました。

現時点での変更された日程は、以下の通りです。
• 2017年2月-プロジェクト委員会にて、コメントのレビューが完了
• 2017年4~5月-投票用のDIS2のリリース
• 2017年6~7月-DIS2投票
• 2017年9月-プロジェクト委員会でDIS2投票結果のレビュー

国際規格(IS)は、DIS2が承認され、寄せられたコメント数が少ない場合は、最終規格原案(FDIS)段階を回避することに合意が得られ、9月の会合でDIS2のレビューが完了すれば、2017年11月頃に発行される見込みです。
FDISの発行が要求されるか、または寄せられたコメント数が多い場合(コメントの処理に追加の会合が要求される)は、国際規格(IS)の発行は、2018年3月頃になる見込みです。

SGSでは、今後もISO 45001に関する情報を適宜ご案内申し上げます。

 

本件に関するお問合せ先:

SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス マーケティング/BD部

横浜市保土ヶ谷区神戸町134
横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ3階
電話:045-393-5100 ファックス:045-330-5011
Eメール:jpsgs-marketing@sgs.com
Web:www.sgsgroup.jp