Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、世界のすべての地域でFSSC22000 Version 4.1のUKAS認定を受けました。
FSSC22000 Version 4.1は、GFSIベンチマーキング要求事項Ver. 7.1に適合して開発された初の規格となります。
GFSIベンチマーキング要求事項を考慮することにより、FSSC規格は食品安全管理システムのもっとも包括的な規格のひとつとなりました。
世界的に認知されているISO 22000を基礎として、マネジメントシステムが構築される確固たる基盤を提供します。これに個々の業界の前提条件プログラムとFSSC規格の追加要求事項を補完することで、包括的で柔軟性があり、容易に実施できる規格となっています。

食品偽装やフードディフェンスに関連するより詳細な要求事項を含めることによって、食品業界にこれらのトピックスの影響に対応することができます。さらに、必須の非通知審査が導入されたことにより、組織の中で真に実装されていることを確認することになります。
Version 4.1はまた、食品製造、食品包装・資材、飼料に加え、ケイタリング、小売業、輸送、保管、に対象範囲が拡大されています。

 

*「FSSC22000」とは
「FSSC22000」は、食品安全マネジメントシステム認証規格です。
食品製造業においては、ISO22000とISO/TS22002-1という技術仕様書を統合したものであり、食品包装材製造業においては、ISO22000とISO/TS22002-4という一般仕様書を統合したものをベースとした認証スキームです。
このスキームは、FFSC(Foundation for Food Safety Certification)が開発・運営をしており、GFSI(Global Food Safety Initiative)にも承認されています。
ISO/TS22002-1およびISO/TS22002-4は、ISO22000における7.2項を補完し、PRP(前提条件プログラム)の要求事項を明確にするために開発され、より食品安全を強化するために設計されました。
すでに、ISO22000を認証取得している組織は、追加の審査を受けることでFSSC22000の認証取得が可能です。また、HACCPシステムを導入している組織についても、そのシステムをベースにISO22000やFSSC22000の認証取得が可能です。

SGSグループは、グローバルレベルでFSSC22000の認証審査を行うことができ、国内外で多くの認証実績を保有しています。

本件に関するお問い合わせは、認証・ビジネスソリューションサービス 食品認証部まで、お気軽にお問い合わせください。


問い合わせ先:認証・ビジネスソリューションサービス 食品認証部
住所: 横浜市保土ヶ谷区神戸町134横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ3階
電話: 045-330-5030
Eメール: jpfood-info@sgs.com
Web: www.sgsgroup.jp