Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

このたびSGSジャパンでは一般技術者向けに、SGS-TÜV認定資格CACSPトレーニング(SAE J 3061)を2019年3月7日(木)~8日(金)の2日間で開催いたします。 ※CACSP – Certified Automotive Cyber Security Professional

◆◇SGS-TÜV CACSP(Certified )トレーニング(SAE J 3061)について◇◆
SGS- TÜVは、自動車のサイバーセキュリティー規格ISO / SAE 21434のドイツ国内の作業部会のメンバーです。国際標準を作成するためのISOとSAEの共同作業部会を開催すると、100名を超える参加者がセッションに参加します。この参加者数は非常に多く、自動車のサイバーセキュリティー規格に対する圧倒的な関心と必要性を明確に示しています。
SGS- TÜVは、認証機関として、サイバーセキュリティーに特化した教育を提供しております。その中で今回は、自動車向けのサイバーセキュリティーに特化したCACSP – Certified Automotive Cyber Security Professionalトレーニングを開催いたします。
本トレーニングを受講することにより、自動車向けのサイバーセキュリティーに関する専門知識を広げていただけます。2日間の講義を受講した後、1時間程度の試験を受験いただきます。合格されると、SGS- TÜV認定のCACSP資格が取得できます。

◆◇ 開催要項 ◇◆
【日時】
3/7(木) 9:00-17:00 :モジュールCS1 [サイバーセキュリティーへの導入]
3/8(金) 9:00-16:00 :モジュールCS2  [SAE J3061に従った車両向けサイバーセキュリティーへの導入]
--- 最終試験なしの方はここで終了となります ---
3/8(金) 16:00-17:00 : 最終試験

【定員】
20名
【場所】
横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ 5階 SGSジャパン 第2研修室
(相鉄線 天王町駅 徒歩約5分)
(JR横須賀線/湘南新宿ライン 保土ヶ谷駅 徒歩11分/無料シャトルバス5分)
http://www.officenomura.jp/ybp/access/
【料金】
250,000円(2日間のトレーニング、最終試験有り)
200,000円(2日間のトレーニング、最終試験無し)

◆◇本トレーニングの受講資格について◆◇
・SAE J 3601について、一般的な知識を保有しており、詳細に学びたい方

◆◇ 講師のご紹介 ◇◆
製品安全部 機能安全プロジェクトエンジニア
AFSE(Automotive Functional Safety Expert)、CACSE(Certified Automotive Cyber Security Expert)を持つ、機能安全・サイバーセキュリティのエキスパート。

◆◇ お申込み ◇◆
① お申し込み用紙のダウンロードはこちらからご参照ください。⇒申し込み用紙のダウンロード
② お申し込み用紙を受付後、順次メールにてご案内差し上げます。

問合せ先:
SGSジャパン株式会社
コンシューマー&リテールサービス
製品安全部 機能安全
TEL:045-393-5200
FAX: 045-331-7644
Eメール: jp.fsafety@sgs.com
ご質問や不明な点などがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。