Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、EU各加盟国が2030年に向けて再生可能エネルギー指令 RED IIの施行を進めながら、再生可能エネルギーの普及にどのように取り組むかを解説するウェビナーを開催いたします。

 

このウェビナーでは、各加盟国の再生可能エネルギーのシェアのほか、ILUCリスクの高いバイオ燃料の段階的な廃止、廃食油や獣脂由来のバイオ燃料の規制、サステナビリティ認証の動向などについていたします。

RED IIは、2030年までにEU全体で達成するべき再生可能エネルギーのシェアを、欧州運輸部門全体で14%と定めています。
この算出に当たっては、先進バイオ燃料はダブルカウントされ(使用量が半分にできる)かつ3.5%以上を使用する、食用・飼料用作物を原料としたバイオ燃料の上限は7%に制限されるなど、様々な条件があります。
また、ILUCリスクの高い原料から製造されるバイオ燃料は2030年までに段階的に廃止することが求められており、欧州ではHVOやe-fuelなどの次世代燃料の普及が進んでいます。一方で、新たなバイオ燃料や原料の採用が進む中、EUは関連する法規の整備を進めています。
ウェビナーでは、このような内容の背景や今後の見通しについて解説いたします。

【日時】
  2021年6月23日 16:00 JST / 2021年6月24日 23:00 JST
   (各回は同一の内容です)


【参加費用】
  100 EUR / アカウント ※SGS INSPIREをご利用いただいている会社様は無料です


【お申込み】
  こちらのご案内ページ上部「To register, click here.」よりお申し込みください。


【アジェンダ】

  1. SGS INSPIRE’s review of the EU RED II implementation by each of the member states:
  • Renewable energy share targets for transport for 2030
  • Cap for food- and feed crop-based biofuels – actions and opinions with respect to the target
  • Cap for used cooking oil and animal fat-based biofuels – a difficult subject with many views
  • Advanced biofuels targets and how they may be achieved
  • What types of fuels and energies might be within the legislation goals and hence be counted under the renewable energy share target for transport (road, marine, aviation)

  2. Biofuels certification issues (RED I / RED II review)

  3. Outlook for RED III

    詳細はご案内ページをご覧ください。
    なお、全編英語で開催されます(通訳等はありません)。

 

 


本ウェビナーは、SGS INSPIREが開催いたします。
SGS INSPIREは、SGSがご提供する、世界各国の石油・エネルギー分野についての各種法規・規格動向情報をご提供するサービスです。
日本国内外の自動車、石油、エネルギー分野の各会社様、研究調査機関・政府機関等の各団体様にご利用をいただいております。


ご質問や不明な点などがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。


問合せ先:
SGSジャパン株式会社
オイル・ガス&ケミカルサービス部
TEL:045-330-5028
Eメール: JPOGC@sgs.com