Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

このたびSGSジャパンでは一般技術者向けに、さまざまなSPICEの概要とAutomotive SPICEの概要についてご紹介する無償セミナーを開催いたします。

自動車の電子化・電動化の進展に伴い、自動車システムの開発においては機能安全(ISO 26262)、サイバーセキュリティ(ISO/SAE 21434)などさまざまな対応が求められています。それらの開発の基盤となる開発プロセスやマネジメントシステムの重要性はますます高まっています。
自動車業界におけるシステム/ソフトウェア開発モデルとして Automotive SPICEが広く使用されており、さらにハードウェア、Agile、サイバーセキュリティなどいくつかのSPICEモデルが発行されています。
本セミナーでは、自動車/自動車部品の開発プロセスの取り組みを進めている方に向けて、さまざまなSPICEの概要とAutomotive SPICEの概要についてご紹介いたします。

お申し込みをいただきましたら、無償でご聴講いただくことが出来ます。
ぜひお気軽にご参加ください。

 ■お申し込みはこちらから

【日時】
2022年6月17日(金) 14:00 ~16:00

【参加概要】
ZoomによるWEBライブ配信のみとなります。

※Zoomの動作要件につきましては、下記ページよりご確認ください。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linuxのシステム要件

 【当日プログラム(予定)】
※内容、時間は予告なく変更になる場合がございます。

時間 内容
 14:00~14:05 オープニング
 14:05~14:50  さまざまなSPICE
(SGSジャパン株式会社 C&P Connectivity Functional Safety 古田健裕)

Automotive SPICEは、システム/ソフトウェア開発を対象として自動車業界で広く使用されています。近年、派生モデルとしていくつかのSPICEモデルが発行されています。
自動車システムの開発に関与されている方に向けて、さまざまなSPICEの概要を解説いたします。
 14:50~14:55  休憩
 14:55~15:55  Automotive SPICE の概要
(SGSジャパン株式会社 C&P Connectivity Functional Safety 清水祐樹)

自動車の電子化・電動化の進展に伴い、自動車システムの開発においては機能安全(ISO 26262)、サイバーセキュリティ(ISO/SAE 21434)などさまざまな対応が求められています。それらの開発の基盤となるシステム/ソフトウェア開発プロセスの重要性はますます高まっています。
自動車システム/ソフトウェアの開発に関与し、Automotive SPICEやプロセス改善に取り組み始めた方に向けて、Automotive SPICEの概要を解説いたします。
 15:55~16:00  クロージング

 

【セミナーのご対象者】
・車載システム/ハードウェア/ソフトウェアの開発に携わるご担当者様
・車載システム/ハードウェア/ソフトウェアの品質保証に携わるご担当者様
・車載システム/ハードウェア/ソフトウェアの標準プロセス構築に携わるご担当者様

【受講料】
  無料

【申込み方法】
  ①下記リンクの申し込みフォームにて必要事項をご記入ください。
      ※ご登録の際、「名」に苗字、「姓」に下のお名前でお願いいたします。
      お申し込みはこちら
  ②お申し込み後、ご記入いただいたアドレス宛に Zoom <no-reply@zoom.us>よりメールが届きます。
  当日はメールの中の[ここをクリックして参加]よりご参加ください。

  ※セミナー開始1時間前にもリマインドメールが届きます。
  ※メールが届かない場合は、以下のことが考えられます。今一度ご確認をお願いいたします。
  ・記入したアドレスが誤っていた
  ・迷惑メールフォルダに入っている

【申込み締切日】
  2022年6月17日(金)11:59まで
  ※申込者が多数となった場合、申込を締切る場合がございます。

ご質問や不明な点などがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

問合せ先:
SGSジャパン株式会社
C&P Connectivity 機能安全
TEL:050-3773-4508
Eメール:jp.fsafety@sgs.com