Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

マーカー添加や汚染のリスクが増加する中、ディストリビューションチェーン全体で燃料の品質管理を行うことはますます重要です。

燃料の品質が確保できない場合、エンジン性能の悪化、エンジン寿命の低下、燃費低下によるコストアップ、さらに環境負荷の拡大など、様々な深刻な結果を引き起こす可能があります。

SGSが提供する移動式燃料試験ラボなら、現場で分析・試験設備が確保できるので、短時間でSGSによる品質証明を行うことができます。

完全自給型の作業ユニットである移動試験ラボは、特殊改造された小型トラック内に設置されています。制御・検査および引き渡しの際に使用される燃料の品質評価に必要な分析器具が装備されています。

燃料の品質管理: SGSができること

SGSの製品準拠性試験サービスは、次の内容を提供しています。

  • サンプリングの現場で、短時間で信頼性の高い燃料品質情報を提供する
  • 燃料のディストリビューションチェーン全体(卸売業者、輸送業者、貯蔵設備、ガソリンスタンド、自動車の燃料タンク)でサンプルリングを行う。
  • 無作為の抜き打ち点検、サンプリング、サンプル保存を行い、サプライチェーンを通じて品質の不一致を特定する。
  • お客様の要件に適合する石油製品の詳細分析を行う

SGSは燃料のサプライチェーン全体を通じて、広範囲に渡るお客様に対して、燃料試験サービスを提供します。 サプライチェーンには次が含まれます。

  • 生産者
  • 輸入業者
  • 燃料運送業者
  • ガソリンスタンド
  • 国内外のサプライチェーン
  • 小規模小売店
  • 貿易に関する数量・品質サーベイおよび税関を含む政府当局
  • 消費者

SGSの準拠性試験は、燃料の品質管理をサポートいたします。詳しくはこちらをご覧下さい。