Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

石油・天然ガスロジスティックの専門家として、SGSは可燃性材料が存在する可能性がある危険な環境下での運転とメンテナンスの実施に伴うリスクを掌握しています。

ガス抜きサービスのニーズ

タンク、ライン、バージ、船舶内で定期メンテナンス、高温作業、低温作業または建造を行ういずれの場合にもインフラと人員の安全性は第1に重要な事項です。 当社によるガスフリー検査により貴社のスタッフは安全な環境で作業でき、全ての閉じられた空間の状態が正しく評価され監視されることにより、標準安全手順の一環としての作業許可証発行が可能になります。

SGSはバルク液体タンカーと化学ガスとLNGキャリアーへの積載、ガス抜き操作を準備するためのパージや調整の優秀な監視を提供します。 この監視は酸素とガス成分、露点、圧力や温度等全ての物理的パラメータの密接なモニタリングを行います。 仕様要件を満たすようにタンク大気がパージされガス抜きされたことを確認する最終分析試験タンク大気の認証の全ての側面も管理します。

なぜSGS か

SGSは石油・天然ガス産業の全部門にわたり革新的ソリューションを提供するワールドリーダーです。 地元に関する知識とグローバルインテリジェンスを固有に持ち合わせ、この業界では抜群の地位を確立しており、このため効率性を高め、リスクを削減し、競争的優位性を貴社に提供できるのです。

ガスフリー検査により貴社の営業の安全性と効率が確保されるようにできるSGSの方法をどうぞ見出してください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。