Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

多種の炭化水素その他の工業ガスは今日工業で使用される各種の燃料や石油化学品の製品には欠かせなく、現代生活の構成要素として重要な役割を果たしています。

これらの商品の貿易は真実にグローバルであり、極めて複雑になりました。 ガスは世界各地を大量に行き交っており、わずか数年前には想像もできなかった目的地の間でも行き交っています。 炭化水素と化学ガスの輸送は複雑で専門的事業であり、利潤機会も大いにある一方、対応しなければならない多くの技術的課題も含んでいます。

品質管理、特にガスの絶対純度の監視は生産者、商社、物流業者にとり重要なポイントです。 SGSでは、ガスに対して国内外、貿易または企業独自の基準で仕様試験を実施しています。

ガス試験能力の主な内容

弊社のガス ラボ ネットワークは、GC、GC-MS及び必要に応じて高度GC-MS技術を駆使してルーチン純度同定を含む広範囲の試験機能をご提供できます。 弊社はまた、凍結点、密度、蒸気圧および露点といった基本的な物理的パラメータに関する、従来型の同定も実施します。 弊社には、高品質のリスク管理データをすべての利害関係者に提供する世界的な研究所ネットワークが存在します。

弊社のラボは精製所、保管所、化学品工場、保管タンクからの注文に応じてガス試料の分析を行っています。 契約で規定された標準試験のほかその他の貿易仕様にのっとる試験または、既知のリスクに応じるように設計される特注試験(ガス成分試料に対するCOS試験等)をご提供できます。

なぜSGS か

あらゆる種類の炭素カーボンおよびケミカルガスに対する試験および検査サービスに関しては、まずSGSにお問い合わせください。

SGS はラボ品質を維持し、社内及びサードパーティーのラウンドロビン方式のテストプログラム、社内及び独立監査と厳しいトレーニングと競争的コンプライアンス規格への参加を通して能力を監視しています。 世界中の分析担当者が最先端技術を装備したラボで業務を行い、ラボのほとんどはISO 17025認証を取得済みであるため、最も高水準での分析試験をご提供できます。

SGSは、ASTM、ISO、CEN、EI(Energy Institute、以前の石油協会)、IFIA 等、いくつかの主要な工業団体、標準機構、作業グループの活発な会員です。

石油、ガス、および化学薬品貨物に対するSGSの貿易検査指名は、API MPMS、UOP、GOST、ASTM、EN、または IP 試験方法、およびISO、CEN、または国または地域の標準機構による仕様等、認証された主要な石油規格および石油化学規格に常に基づいています。 また、クライアントにより提供された分析手法または特別に作成された分析手法は、それらが仕様の一部を形成する場合に使用されます。 必要があれば参照して使用すべき最適な標準をお客様が選択することを支援することもでき、特定取引におけるリスクの効果的管理を支援するためにご利用いただけます。 作業実務、規格と技術関連の技術的サポートも提供しています。

SGSのガス試験サービスについて詳細をご覧ください。